カテゴリー
Diet その他

3ヵ月で-7kg 何をやっても落ちなかった産後太り20kg

こんにちは^^

今日はダイエットについて・・・

女性にとってのダイエットっていったい何でしょうね?

いくつになっても美しくありたい女性を応援致します^^

 

中でも、

『産後太りが戻らなくなってしまって・・・』

と言う方、少なくないですよね。

『色々なダイエットを試みてきたけれど、、、』

『少しは体重が落ちるんだけど、結局リバウンドしちゃう』

など

思うように結果が出なかったり

リバウンドしてしまったり

 

そんなお客様が3ヵ月で-7kg達成した 

”オーダーメイド
オンラインダイエットプログラム” 

3ヵ月コースの記録♪

スタート時は72kg 

40代 Hさん☆

スタート時 体重72キロ、

体脂肪率37%

目標-15kg、まずは-5kg、ダイエット頑張ります~!

若いころから食べることが好きだったHさんですが

体を動かすことが好きでアクティブなHさんは

”ダイエットとは無縁” で羨ましいほどの

スマートな体系を維持していました

ところが!!

出産後は運動量も減り

体重がどんどん増えてしまったそうです

試したダイエット法も色々・・・

糖質制限等をした時には、4~5kg体重が減るものの

リバウンドしてさらに増える・・・

を繰り返していたそうです。

そして意を決して

オンライン・オーダーメイドダイエットプログラム

3ヵ月コースにお申込み下さいました。

まずはライフスタイルチェック

カウンセリングでライフスタイルや食事等

細かくお聞きすると、仕事がら外食が多いそうで

揚げ物や焼肉を食べる機会が多く、

脂質が多め、量も多めでした。

仕事でのストレスが食欲増加に・・・

カウンセリングでお話ししていると、

ご自身でも気づきがあるようです。

 

プログラム内容

食事に関しては、

『食事量を減らしてください』との提案はせず

出来るだけ和食中心の食事にシフト

食事前に青汁や生野菜を摂って貰い

外食の時もできるだけ、野菜多めのメニューに

それまで毎日食べていた夕食後のデザートは週3回まで

相談しながら、無理なく『これなら出来そう』

ということをプログラムしました。

また、フルタイムでお仕事をされているので

使える時間にも限りがありました。

 

●週1回のオンラインカウンセリング

●マッサージローラーで代謝アップ

●軽いエクササイズ2種類

●食事内容や食べ方の見直し

●月一回のプチファスティング

●食事とマインドの関係性をリセット

 

ざっと書くと、こんな感じのプログラム内容でした。

週一回のカウンセリングで、内容を調整したり

ステップアップしたりしていきました

3ヵ月で楽々-7kg 体重変化

6月~9月の3ヵ月間で-7kg達成!!

  6月11日 7月5日 8月8日 9月3日 10月18日 11月19日 12月18日
体重(kg) 72 69.6 67.4 65.7 65.3 63.6 65
体脂肪率(%) 35 37 36.7 36.8 35 32.8 33

3ヵ月コースで -7kg

9月プログラム終了後は、ご自身で続けて貰いながら、

月1回のカウンセリングを続けています。

プログラム終了後は少し減るものの

また戻ったりで、3ヵ月で-0.7kgと

少し停滞気味ではありますが、

ゆっくりとでも徐々に目標の-15kgを目指します!


*3ヵ月プログラムの体重変化グラフ

 

Before(6月)  After(9月)

全体的にサイズダウンしてますね^^
特に、お腹周りやヒップ、ウエストがほっそりスッキリ!!

 

 

引き続き頑張ります!

時々増えたりしながらも、確実に体重は落ちました

3ヵ月での体脂肪率は殆ど変動がないのですが、

軽めでもエクササイズを続けて貰い

6ヶ月後には体脂肪率も下がりました。

次は筋力アップも課題となります。

ライフスタイルの変化

この3ヵ月で、

自分のライフスタイルを見つめ直し

”太るクセ” に気づき

日々の痩せる習慣が身に付きました。

特に年齢を重ねれば重ねるほど

日々の習慣をコツコツ続けることが

体を変化させる一番の近道になります!!

これまで気が付かなかった

マイナス要因ともなるクセや習慣も

ご自身で気づき、

ライフスタイルの改善を3ヵ月続ければ

それが習慣となり、かならず体は変わります!!

 

イベントの多いシーズンですが、

楽しむときは心から楽しみつつ、

出来るときには気合を入れて(笑)

引き続き頑張っていきましょう~☆

 

お客様のご感想

お客様よりご感想を頂きました

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

産後、年々増えていく体重をどうする事もできず、

代謝が落ちているのもわかってはいるけれど 

なかなか食べる以外の楽しみも見つけられず、

あれよあれよと産前の20キロ以上太ってしまいました。

時々何かダイエットを自分で試してみるけど、

思うような結果がでず、

ダイエットをやめるとさらに太るの悪循環でした。

自分の力で痩せるのは無理かな?

でも食事制限とか厳しくされたくないんだよな~

とうじうじ悩んでいた時に 

オンラインダイエットのお話を拝見して、

オーダーメイドだし、オンラインのみだったら

厳しい事言われても さほど苦痛に思わず流せるかも???

とお願いする事にしました。

最初まずはカウンセリングの段階で、優しく、

厳しい事を言われるよりは、

太ってしまったと思われる理由に共感してもらって、 

なんだか、これならお願いできるかもな~。 

無理せずにできる事をやっていこうと思う事ができました。

食事に関してもあくまでもアドバイス的な感じで、

結果を出すために従って!

でもなく、まずできる事をできる範囲で!と。

運動に関してはも、私の性格特性を聞いた上で、

まずこれをやってみて!

と考えていただき、え?これでいいの? 

辛くないけど?って思ってました。

これで結果でるかな~。

出せなかったら申し訳ないな~と思いつつ、

ローラと運動、食事のアドバイスを参考に生活をしてみたら、 

あれ?体重落ちてる。 

あら?さほどストレスないのに?

最初だからかな?

この後、落ちなくなるのかしら?

と思ったのですが、

比較的順調に 最初に設定した目標以上の体重が落ちて

ほっとしました。

ちょっとした改善と運動、ローラーで

ここまでストレスなく体重が落とせるなんて思ったいなかったので、

すごく嬉しいです。 

これからも続けられる事をたくさんアドバイスいただいたので、

引き続きダイエット頑張りたいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Hさん、誠にありがとうございました!!

私もお役に立てて

心から嬉しい気持ちでいっぱいです♡♡♡

今はまだ通過点です!

最後の最後の目標達成のゴールまで

是非是非引き続き頑張ってくださいね♡

心から応援しています!!

見守っています!!!

 

まとめ

①自分に合ったダイエット法を知ることで
楽に体重を落とすことが可能です。

②一人では挫折しがちなことも
”人の目効果” と ”プロアドバイス” ”フィードバック”
で効果を最大限に発揮することができます。

③目標設定を紙に書いたり、言葉にしてみる等
イメージを明確にすることが成功にとても効果的です!

 

 

 

オンライン・オーダーメイド
ダイエットプログラム 

 

ダイエットや体改革の無料相談会もやっています!!

『気になる!!』

『ちょっと聞いてみたい!』

『自分に合ったダイエット法を知りたい』

などなど、お気軽にお問い合わせからご連絡ください♡

 

ライン公式アカウント作りました。

美容と健康に関する情報アップしています^^

ご登録お待ちしています

                             

カテゴリー
お料理レシピ

便秘対策におすすめ 野菜やきのこや発酵食品レシピはこちら

おはようございます!

先週、『自分の排便チェックと便秘対策』

投稿したら、

『最近便秘になってしまって困ってる』と、

友達からコメントを貰いました。

便秘は早めに対策することで改善しやすいです。

大丈夫!と放っておかずに早めに対策を行いましょう!

放っておくといつの間にか、慢性化して治りにくくなる可能性も・・・

薬に頼らずとも、早めのケアで改善してしまいましょう~

食物繊維の豊富なきのこやお野菜中心で、

便秘対策に効果的なレシピをご紹介します。

便秘対策 おなかすっきりレシピのご紹介

特に意識して取りたい食材は

野菜類、きのこ類、海藻類、穀類、発酵食品

等です

きのこともち麦のチーズリゾット

材料(1人分)

好みのきのこ(2~3種)… 60g
玉ねぎ  ………………… 1/8個
にんにく ………………… 1/2かけ
もち麦ご飯 ……………… 100g
オリーブオイル ………… 大さじ1
水 ………………………… 1/2カップ
粉チーズ ………………… 大さじ3
塩コショウ ……………… 各適宜
パセリ(みじん切り)…… 適量

 

1.きのこは1㎝幅にざく切りにする。
 玉ねぎとニンニクはみじん切りにする

2.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて
 弱火にかける。香りが立ったら、玉ねぎときのこを炒める

3.全体に油が混ざったらもち麦ご飯を加えて炒める。
 ご飯に油がなじんだら、Aを加えてひと煮たちさせる

4.粉チーズを加えて塩、コショウで味をととのえる

 

もち麦の食物繊維は穀類の中でもトップクラス!
大麦βーグルカンという水溶性食物繊維が多く
腸を活性化して省内最近のバランスを整えてくれます。
お好みで、砕いたアーモンドを上から乗せると
アクセントにもなります。

 

きのこと鮭のホイル焼き

  

材料(1人分)

生しゃけ …………… 1切れ
きのこ類 …………… 適量
ブロッコリー ……… 小房3個
玉ねぎ ……………… 1/4個
お好みの野菜等 …… 適量
塩・こしょう ……… 各適宜
オリーブオイル …… 大さじ1
レモン ……………… 適量

1.社家は一口大に切って、塩・こしょうで下味をつける。
エリンギは長さを半分に切って縦薄切りにする。
えのきは半分に切る。ブロッコリーは食べやすい大きさに切る。

2.アルミ箔に玉ねぎ、鮭、エリンギ、えのき、ブロッコリー
を並べる。塩こしょうで味付けし、アルミ箔を閉じる

3.2をフライパンに乗せ、中火で8分蒸し焼きにする。
仕上げにオリーブオイルをかけ、レモンを添える。

 

きのこと鮭のうまみを閉じ込めたホイル焼きです。
ブロッコリーは、デトックス効果もあるのでいつでも食べたい食材ですざい!

 

もずくときのこそば

材料(1人前)

もずく …………… 1パック
お好みのきのこ類  適量
鶏肉 ……………… 1/6枚
ネギ  …………… 1/4本
小口切ネギ ……… 適量
だし汁 …………… 300ml
醤油、みりん …… 適量

1.きのこ、ネギ、鶏肉をそれぞれ一口大に切る

2.だし汁に醤油、みりんで味を調え、1を入れ軽く煮る

3.そばを茹で器に盛り、2の汁を上からかける。
更にその上に、2の具ともずくを乗せる

4.小口切のネギを散らして出来上がり

 

もずくはフコイダンと呼ばれる食物繊維を豊富に含み
腸の働きを活性化させ、腸内を綺麗に整える働きがあります。

 

スンドゥブ

材料(1人分)

絹ごし豆腐 ……………… 1/2丁
にら ……………………… 1/4束
人参 ……………………… 1/4本
きのこ類 ………………… 適量
白菜キムチ ……………… 40g
お好みでシーフードやもやしなど適量
●水 …………………… 250m
●コチュジャン ……… 大さじ1/4
●おろしにんにく、醤油、みそ、砂糖、唐辛子
  ……………………… 各小さじ1/2
●鶏ガラスープの素 … 小さじ1/2
ごま油 ………………… 大さじ1/4

 

1.にんじんは3㎝の千切り、キムチは食べやすい大きさ
にらは3~4㎝の長さに切る

2.鍋にごま油、キムチを入れて中火で炒める。
香りが立ったら●を加えて強火で煮立てる。
(お好みの野菜等はここで加える)
再び煮立ったら、6等分に下豆腐と人参を加え弱めの中火で
5~6分煮る

3.にらを加えて煮立てたら完成~

みそやキムチの発酵食品の乳酸菌の力で腸内環境を整えるます。
また、ニンニクや唐辛子の作用で、
体が温まりこの時期にお勧めの一品です

 

まとめ 

便秘かな?と思ったら、薬に頼る前に
(薬に頼り過ぎると、効き目が弱まってしまったり、
腸に負担をかけてしまうことも・・・)

まずは食事でケアするのもお勧めです^^

野菜、きのこ類、海藻類、穀類、発酵食品
を意識して取り入れましょう~!

カテゴリー
Beauty&Helth ケア

便秘は女性特有の病気ではない 自分の排便チェックと便秘対策

こんにちは^^

便秘というと、女性の病気と思う方が
多いかもしれませんが、

実は60歳を超えると男女ともに増えて男女差はなくなり、
80歳以上では、男性の方が多くなってくるのだそうです。

 

便秘に関する意識調査

自分の事を

『便秘症だと思う人』500人
『便秘症だと思わない人』500人

を対象に、インターネットで便秘症に対する
意識調査を実施しました。

 

調査結果で実際に便秘症の傾向があるのは

『便秘症だと思う人 』のうち89.4%、
『便秘症だと思わない人』のうち25.8%

であることがわかりました。

 また、『便秘症と思う人 』の中に、
便秘症でない可能性のある人が10.6%存在することになります。

 

自分が自覚している便秘症かどうか?
と実際は違っていることもわかりました。

 

毎日の排便チェックが大切です

排便の正しい知識を身につけるとともに
日頃から排便チェックをすることが大切です。

 

調査では排便の回数が 『三日以上に一回以下 』と回答した人は

便秘の傾向がある人で40.8%
便秘の傾向がない人では4.7% でした。

排便の頻度が三日に一回以下というのは、
便秘症を判断する上での目安のひとつとして用いられます。

 

こんな症状は便秘かも・・・

便秘症はかな?と思ったら以下をチェックしてみてください。

 

①排便頻度が週に3日未満

②便が小さくて硬いコロコロ便

③便意があるのにうまく出せない

④排便時に強くいきむ

⑤排便後のスッキリせず残っている感じがする

 

こんな症状が6ヶ月以上続いていることが
便秘症の目安となります。

 

水分量が多すぎず、少なすぎず、
バナナやソーセージのような形で
滑らかにスルッと排便できるのが理想です

排便の仕組みについて

食べたものは胃で消化されてドロドロのドロドロになり
小腸に運ばれ、そこで栄養を吸収し
次に大腸で水分を吸収します。

この過程を経て不要になったものが便として排泄されます。

大腸の中を水分が吸収されながら運ばれていきます。

私たちがイメージする便となるのは S 状結腸
(お腹の左下)あたりです。

大蠕動という動きによって直腸へ

S 状結腸に溜まった便は大蠕動という
大腸の大きな動きによって直腸に押し出されます。
特に朝の空腹時は、大蠕動が起きやすいと言われています。

脳に刺激が伝わって便意を感じます

通常、直腸の中は空っぽでぺちゃんこになっています。
ここに便が入ってくると直腸の内壁が押されることで
脳に刺激が伝わって『便意 』を感じます。

 

肛門括約筋と恥骨直腸筋がタイミングを調整

トイレでタイミング良く排便できるようにしてくれているのは、
主に肛門周りの肛門括約筋と恥骨直腸筋です。

いきむことによっておなかの中の圧力が上がり
便を押し出そうとする時、時肛門括約筋と恥骨直腸筋が緩むので
排便できます。

 

この一連の動作を経て排便して直腸の中が空っぽになると
脳に刺激が伝わってすっきりと感じるのです。

 

便秘予防のポイント

 

食事

①バランスのとれた食事を取り規則正しい生活を心がける。

②腸内環境を整えるために食物繊維を、
1日20g~25gを目安に摂取する。

食物繊維には水溶性と不溶性(非水溶性)があり
それぞれに特徴があります。

  • 水溶性食物繊維:

   水に溶けて固い便を柔らかくします。

   ほうれん草、にんじん、大根、玉ねぎ、かぼちゃ等

 

  • 不溶性食物繊維:

   腸内で水分を吸収して便のかさを増やします。
   腸壁を刺激することで蠕動運動を促します。

   ごぼう、たけのこ、セロリ、きのこ、豆類等

どちらも排便に大切ですが、
便が固くなっている時に不溶性食物繊維を摂りすぎると
更に便の水分が失われますので、
適量を撮ることころかけましょう。

③動物性乳酸菌(ヨーグルト、発酵乳)や納豆なども
効果的!

④良質な油を意識して摂る

油は腸を刺激し排便を促す効果があると言われています。

オレイン酸を多く含み酸化しにくい
オリーブオイル(特に抗酸化作用の高いエクストラバージンが◎)、
ココナッツオイルを
1日大さじ1.5杯程度を目安に料理に取り入れてみましょう。

⑤朝一杯の白湯もお勧めです。

 

水分摂取とお腹を温める効果があり、排便を促す効果があります。

⑥糖類は羅漢果がおすすめ

羅漢果には豊富なビタミン、ミネラルが含まれており、
これらが便秘解消効果が確認されています。
またビフィズス菌も豊富で、さらに腸内でビフィズス菌を
増やす働きをしてくれますので整腸作用もあるのです。

 

 

運動

適度な運動は排便を促します。
慢性便秘症診療ガイドラインでは
『健康づくりのための身体活動基準2013(厚生労働省)』
をもとに運動することを推奨しています。

毎日15分以上のウォーキングなど有酸素運動が特にお勧めです。

足もみ

足裏を良く刺激することも便秘改善に効果があります。

私のサロンで足もみ施術を受けているお客様は、
薬に頼らず、皆さま便秘改善しています。
(改善しなかった方はおりません。)

土踏まず全体は胃腸の反射区になりますので、
特に念入りに揉み解すのがお勧めです。

            

セルフケアの国際若石メソッドスクール販売の
マッサージローラーも便秘や体質改善に強くお勧めしています

 

腸マッサージ

1.両手のひらでおへその下をゆっくりと押す

2.両手のひらでおへその周りを押しながら時計回りにマッサージ

 

ゆっくりとした排便の時間を作る

多くの便秘患者が排便を我慢することから
便秘となるケースが多いようです。
朝食後はゆったりとトイレに行く時間を作りましょう。

排便時は姿勢も重要で、前かがみ35 度が良いと言われています。

 

まとめ

如何でしたか?

現代人は便秘症の方が増えていると言われています。

自分の排便の状態を把握し、「便秘かな?」と思ったら

食事の見直しや運動、排便の時間がしっかりとれているか?

など、ライフスタイルを見直してみることで

改善できるかもしれませんね。

合わせて、足もみ、ツボ押し、マッサージ等も

続けることで効果が発揮されますよ^^

 

次回は、便秘対策レシピを投稿したいと思います♪

お楽しみに~♪

 

カテゴリー
Beauty&Helth ケア

自宅でできるデトックス どこから溜め込む どこから排出する

こんにちは^^

12月に入り、秋から冬へ・・・

食欲の秋が過ぎて
冬はため込みやすい季節でもありますね^^

イベントの多くなる季節でもありますので、しっかり体調を整えて
デトックスも積極的にやっていきましょう~!!

自宅でできるデトックスの効果と方法、
食べ物を紹介します

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デトックスとは?

 

デトックスという言葉は良く聞かれるようになりましたが
どういうことか?
ちょっとおさらいしてみましょう。

デトックスとは、体の中の毒素や老廃物を排出することです。

毒素や老廃物を排出することで、体が健康な状態へ近づいていきます。

老廃物が体の中に溜まってしまうとどうなるのでしょう?

腸内環境が乱れてしまったり、
血流が悪くなってしまったり、
血が汚れてしまったりすることで

便秘や肌荒れ、代謝が悪くなることで
むくみや冷え、ダイエットの妨げになってしまうなど

様々な不調の原因となってしまうことも・・・

 

毒素や老廃物が溜まっているかどうか?
自分で体の中を見ることはできませんが

ちょっとした不調を感じたり、
ダルさや疲れやすいと感じたりしたら

デトックスを積極的に行うことで、解決できることも多いです

また、老廃物は脂溶性なので、これらを排出することで
脂肪が落ちやすくなる効果もあるのです

 

デトックス = 毒素や老廃物の排出

= 体を整える&ダイエット効果

 

毒素や老廃物など有害物質の原因とは?

現代人は様々な経路をたどって、毒素や老廃物を
体内に取り込んでしまいがちです。。。

食べものから体内に(経口)

食べものや薬に含まれる農薬、添加物、重金属など
これらは口から体内に入りますが、
その後医を通って、小腸の繊毛細胞から吸収され肝臓へ運ばれます。

そして肝臓にで”グルタチオン”という解毒酵素によって、
大部分は分解・排出されるのですが、
肝機能の低下していたり”グルタチオン”が少ない人は
解毒しきれずに、体内に留まって蓄積しやすくなってしまうのです!!!

たとえ”グルタチオン”が多く生成されていたとしても
有害物質の侵入が増えれば、解毒する肝臓に大きな負荷がかかり、
様々な疾患の原因となります。

 

グルタチオンはアンチエイジングにも効果的!

”グルタチオン” は解毒作用だけでなく、
細胞の損傷からも守ってくれ、免疫機能を高めてくれるのです

このグルタチオンは年々濃度が下がっていく傾向にあるそうですが
濃度を高めていくことで、アンチエイジングにも効果的があるようです

一日あたり、8,000~10,000mgのグルタチオンが
体内で生成されているそうですが、
食事でもグルタチオン濃度を高めることができるようです。

皮膚から体内に(経皮)

スキンケア用品やシャンプー、医薬品など、
直接皮膚に触れるものからも体内に入り込みます。

中でも脂溶性の高いものほど体に吸収されやすいということです。

すぐに肝臓で解毒できる食品や薬などと違って
皮膚から吸収された有害物質は、血液やリンパ液に入り込み、
体中に広がり、皮下組織で長い間残留してしまいます。

大気から体内に(経気)

実は体内に取り込まれる有害物質のうちの約8割は
この大気から体内に取り込まれる経気が原因なのだそうです

PM2.5や、農薬、排気ガス、建材から発せられる物質など

これらは、呼気で肺に運ばれ、毛細血管を通って心臓へ
そして血液として全身へ流れます。
肝臓で解毒する前に全身を巡ってしまう為、体内に蓄積されやすい
と言われています。

デトックス大作戦!!

日常生活において、できるだけ有害物質を取り込まないようにすることは
勿論大切ですが、全ての有害物質を避けることは
かなり難しいですね・・・

ですから、出来るだけ有害物質の排出を意識して
いきましょう~!

新鮮な野菜や果物を摂る

新鮮な果物や野菜、ビタミン、ミネラルの多い食品が
良いと言われています。
特に生成済みグルタチオンが多く含まれるのは

アスパラガス
アボカド
クルミ
ブロッコリー
キウイフルーツ
レバー

ビタミンやミネラルの豊富な食品が良いと言われています

出来ればオーガニックなどの安心安全なお野菜なら
なお良いですね

 

 

腸内環境を整える

 

体内に蓄積された有害物質は、

便から約75%
尿から約20%
汗から約3%
毛髪と爪から約2%

排出されます。

便秘でなかなか便の出ない方は
老廃物をなかなか排出できていないことになってしまいます
腸内環境を整えて、スムーズな便の排出が鍵になりますね

 

適度な運動を心がける

 

良く言われることでもありますが
適度な運動はデトックスにも効果が高いですね

運動で血流を促進することで排出しやすくもなりますし
脂肪を燃焼させることは、脂溶性の有害物質を排出しやすくなります。

ウォーキングなど有酸素運動が効果的です

 

温熱効果

体を温めることでリンパや血流も良くなり
代謝も各器官の働きも良くなります。
足湯や入浴でたくさんの汗をかくことも老廃物の排出に繋がります。

 

ファスティング(断食)

最近ではプチファスティングをする人が増えてきていますね

1週間の本格的な断食は勿論効果を発揮しますが
危険を伴うこともあるので、専門知識のある人にサポートして貰ったり
専門の施設にいってやるのがお勧めです。

1日~2日程度のプチファスティングなら
個人でやるのもお勧めです。

特に朝、空腹にすることで、
腸内の”モチリン”というホルモンが活発に分泌し
腸内の蠕動運動を促してくれます。

蠕動運動が活発になれば、排便を促してくれますので
デトックスに役立ちますね

また、空腹時には若返りホルモン(成長ホルモン)と呼ばれる
DHEAホルモンの分泌も活発にしてくれるので
プチファスティングはアンチエイジングにもお勧めです!

プチファスティング、やってみようかな・・・という方は
まずは朝抜きから
出来そうなら、お昼も抜いてみる・・・
ただし、食事を復活させるときが一番重要です。

1食抜きなら、復活1食目は軽めに・・・
2食抜きなら、復活1食目は重湯やおかゆから
2食目は軽めに・・・

といった感じで、抜いた食事の分だけ
復活食も流動食のような食事や軽めを心がけます。

お水以外全く何も食べないスタイルや
いくつか限定で食べるスタイルなど色々あります。

 

ファスティング指導もしていますので
もし興味があって聞いてみたいという方は
ブログ下記お問合せから私までご連絡ください^^

 

ありがとうございました

カテゴリー
Beauty&Helth ケア

ここが硬い人はなりやすいので要注意 肩こりと腰痛ケア法です

こんにちは^^

 

肩凝りや腰痛で悩んでいる方多いですよね

自宅でできる、肩こりと腰痛ケアについてかきますね・・・

 

これまで、おうちサロンReart で提供してきた

足もみ
リンパケア
トレーニング
レイキヒーリング
ブロック解除
よもぎ蒸し
ダイエットプログラム

などの施術やカウンセリングの他にも

興味のある色々なケアを学んだり、実践してきました

 

例えば

アロマテラピー
ハーブ療法
温熱療法テルミー
ヨガ
ツボ押し
解剖生理学
西式甲田療法
快療法
波動療法
冷え取り靴下
マクロビオティック
自然食

などなど

直ぐにやめたものもありますが・・・(笑)

 

その中から今日は、

自分で簡単にできる肩こりと腰痛ケアについてかきますね

自分で簡単にできる肩こりと腰痛ケア

ヨガポーズや動き、リンパケアやツボ押しをご紹介します~

 

私は肩こりも腰痛もどちらでもないですが・・・

以前習っていたヨガへ行った時に教えて貰ったのは

 

・”脇が硬い人” は肩凝りになりやすい

・”股関節が硬い” 人は腰痛になりやすい

 

だそうですよ^^;

妙に納得です~!!

 

ヨガで脇と股関節を重点的にストレッチするのが◎

ストレッチと一言で言っても、

それにバランスが加わったり、筋トレ要素が加わったりすると

結構ハードになることも!!

アンチエイジングに欠かせない筋力アップにも

繋がればなお嬉しいですね♡

 

ヨガのポーズは普段動かさない部分を動かしたり、

独特なものが多く、

不調ではなくとも、こっちこちに硬いことに氣づかされます・・・

 

一方リンパケアやツボ押しは短い時間で手軽にできる

ケア法ですね^^

 

どちらも続けることが効果を破棄するポイントでもありますね♪

肩凝りケア

肩はリンパ液が集まる重要ポイントです!

デスクワークや長時間のスマホ利用などで、

同じ姿勢を続けていたりすると、肩の真上にある僧帽筋が緊張し

張りを感じるのが肩こりです

肩関節や肩甲骨を良く動かし、肩の緊張状態を解し、

同時にリンパの流れをよくするすることがお勧めです。

肩まわりのリンパをストレッチ

①両肩をグーッと上げて5秒停止

②すとんと一気に落とす

これを5回繰り返す

③手で肩を触り、肩をぐるぐる回す

前に5回、後ろに5回

脇を伸ばす運動

①四つんばいの体制から、右手を5本指立ちにして

②右手がとことこ歩いていくように

③前へ伸ばす

④横へ伸ばす

 

腰痛ケア

腰痛の原因は、筋肉の疲れ、股関節の歪み、姿勢の悪さなど

様々な原因が考えられます

また腹筋と背筋のバランスの悪さも腰痛の原因となることもあるます

色々なケアの中から、ご自分に合ったケア法が見つかると良いですね

股関節を伸ばす

①左足1本で立ち、右足膝を曲げ胸へかかへてから

②右足首を左ひざ上に乗せる

③右ひざは外側へ倒す

④お尻を突き出しかがむ

⑤両手は前へ万歳~!!

ちょっとわかりにくいよね・・・・(汗)

腰痛ケア体操

①仰向けに寝転んで、

②片足の膝を曲げて、足裏をもう片方の足の膝の上に乗せる

③左右にゴロンゴロンと体ごと揺らす

↑これで私は、急な腰痛が治りましたよウインク

 

腰痛に効果のツボ

①腎兪(じんゆ)

ウエストの一番細いところにアル背骨の中心から
左右に指幅2本分離れたところ。

指の腹を使って、左右同時に体の中心に向かって押す

腎兪は、ほかにも婦人科系疾患にも有効!

 

脇を伸ばす運動と、股関節を伸ばす運動のわかりにくい絵^^;

上→ 脇伸ばし

下→ 股関節伸ばし

 

股関節、私はもともと硬くて

よくストレッチなどをして伸ばすようにしているのですが、

股関節の後ろ(お尻)側やサイドはよくやるものの

前側(そけいぶのあたり)を伸ばすのは盲点でした・・・^^;

 

ブリッジのポーズをするのも、股関節の前がとてもよく伸びますよ

私と同様、出来る方は少ないかもしれませんが・・・(^^;)

 

以前、ヨガの先生が言ってましたが

『ヨガとストレッチは似ているようで、全然違うんですよ』

確かにちょっと間違えやすい気もしますね・・・

 

ストレッチは、筋肉を柔らかくする 

ヨガは、関節を柔らかくする

 

簡単に違いを説明すると、そうなのだそうです!

なるほど~!

こちらも納得です

 

私達の体には、206個の骨、約260もの関節があり、

体をスムーズに動かすポイントはまさに、この骨と関節です

 

まとめ

体の中で一番大きい関節が股関節で、

下半身の動きに置きく影響していることはご存じの通りですね^^

股関節の動きがスムーズだと、運動能力も低下しにくいですし

下半身がほっそりし易かったり、動きやすいことで代謝も上がりやすいので

痩せやすかったりもします!!

 

上半身の動きのポイントは肩関節で

ここが硬いと、脇が硬くなる = 肩こりになりやすい

んです

肩関節の動きがスムーズだと

四十肩や五十肩になりにくく、

日常一番動かすことの多い腕の動きが良いことで

一連の動作もスムーズになりますね^^

 

筋肉の柔軟性と、関節の柔軟性の

両方を意識してエクササイズすると、体の柔軟性がまして

いわゆる、憧れの ”体の柔らかい人” になれますね

 

体が柔らかいことは、しなやかな女性らしい体を作ることや

若々しい体つくりにも効果を発揮しますね^^

 

毎日少しづつコツコツと続けていきましょう~♪