自分史を書いて自分を知ることで癒されブレない自分に出会える

自分を掘り起こす
スポンサーリンク

 

Risa
Risa

こんにちは^^ Risaです♪

 

まずはポチッと押していただけると嬉しいです♡

人気ブログランキング

 

今日はちょっと息抜きに(笑)、
”自分史” を書いてみますね。。。

↑『そんなこと興味ないーーー!!!!』って言わないでね^^

 

幼少期

全くそうは思われないことが多いのですが、
幼少期、特に小学校中学年まではめちゃくちゃ人見知りでした!!
そして、人前で話すことが大の苦手でした。

例えば、
「ご近所さんに挨拶されても返事ができない」
「転校先で間違えて名前を呼ばれても『違う』と言えない」
「学校の出欠確認の時、『はい』と返事するのが本当に嫌でした」

 

友達は少なく、いつも同じ友達(一人)とだけ遊んでいました。

 

実際は内弁慶で、家ではおちゃらけお調子者でした(笑)

 

そんな私でしたので、小学校1年生の時、5年生の時と
2回の転校で幼馴染もいませんでしたし、
親友とよべるような、心を打ちとけて話せるような友達も
小学校の高学年になるまでいませんでしたね。。。

 

更に男の子は大の苦手でした!!

 

言葉が乱暴で(と感じていて)凄く怖かったんです・・・
(因みに私は姉と二人姉妹で、従妹も女の子が多かったんです)

 

いつもモジモジしていて、自分の意見を言わず、
友達の意見や『やりたいこと』に右習えでしたね。。。

 

人が喜んでくれること(と当時は思っていた)が
『自分のやりたいこと』 だと思っていました^^;

 

自分に自信が無くて、コンプレックスだらけで・・・

人の後ろが好きで、意見を言ったり前に出ること、
目立つことは極力避けたいと思っていました。

 

何故か転換期!

小学校5年生で、転校した時もひっそりとしていたんですが、、、

私、足が速かったんです。
運動が得意だったんですね。

転校してしばらく経ったある時、他のクラスの女の子から
『あなたスーパー転校生なんだってね!』 と言われて・・・

 

この女の子は、良い意味で言ってくれたと後からわかったのですが、

”スーパー転校生” ってどういう意味だろう?
私、何かわるいことしちゃったかな・・・?

と、とっさにネガティブなことを思ったのを今でも覚えています。

 

”えっ!? 今なんて言ったのかな? 私の事?”
”私に話しかけたのかな?”

と耳を疑いました。

 

目立たない自分が、他のクラスの人から
話しかけられることだけでも奇跡なのに!!

『えっ!?』 と聞き返すと、

『足が速いし、何でもできるんでしょ!?』 と言われたんです!!

 

『きゃーーーーっっ!!』

 

と、

このとき何かが弾けましたね!!

 

この辺りから、少しづつ自分に自信をもつようになっていきました。

人から認められて、求められて、少しづつ人に気持ちを伝えたり、意見を言ったりできるようになったのです。

班長を任せられたり、リーダーシップを発揮したり・・・

心から信頼できる友達も出来、人に合わせるだけでなく、自分が楽しめることができるようになっていったのです。

そして中学入学!

前に出ることでいじめに合う

中学校に入学し、すぐにバレーボール部に入りました。
もともとは体をうごかすことが大好きで、
活発なタイプでしたので、張り切っていました。

 

 

新入部員で話し合うことなどが多々あったのですが
意見が中々出なかったり、まとまらない時など、
まとめようとしていたんですね。

自分の意見を言うというよりは、
みなの意見や気持ちをまとめたかったんですが・・・

それがでしゃばっているようで、気に入らなかった子がいたんですね・・・

靴を隠されたりして、ちょっとした嫌がらせを受けんたんです。

その子は小学校は別の子でしたので、
私を良く知らなかったとも思うのですが。

 

嫌がらせを受けた理由を、同じバレー部に入った
小学校からの親友に教えて貰ったのです。。。

 

私としてはでしゃばっているつもりはなかったのですが、
人からはそう見られていたのかもしれませんね。

 

そして『人前に出るのはやめよう!』
と思ったのでした・・・

 

 

 

こうやって、子供ながらにも人との関わり合いの中で色んな事を学び、
コミュニケーションを身につけ、自分が出来上がっていくんですね。。。

 

自分史を振り返ってみよう!

こうやって自分史を掘り起こしてみると、
気付くことがたくさんあります^^

自分に迷いがあるとき、
選択が必要なとき、
方向性を見失ったとき、
決断するとき、

自分の中にある思いや軸がしっかりしていると
ブレずにいられるかもしれませんね。

 

今日はこのくらいにしておきます。

私の”自分史”に付き合ってくださり、
最後までお読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました