笑顔の効果を意識して女性の魅力を引き出す笑顔トレーニング

人生最高の笑顔に出会う日
スポンサーリンク

Risa
Risa
こんにちは^^ Risaです♪

まずはポチッと押していただけると嬉しいです♡

人気ブログランキング

先週、笑顔にはたくさんの効果があることを書きました^^

笑顔の効果についてはこちらから↓
https://bit.ly/2MEFWoU

笑顔と言っても、口の端を少し上げただけのほほ笑みから
大爆笑のような大笑いもありますね。

どんな笑顔でも、効果はありますが、
やはり、作り笑いよりも本物の笑顔(デュシェンヌ・スマイル)が良いでしょう。

本物の笑顔は、心底面白いと思えないと作りにくいかもしれませんが、
顔にある表情筋(顔筋)を鍛えて、表情を豊かにすることでも
素敵な笑顔は作りやすくなります。

表情筋の緩め方から、鍛え方を練習して『最高の笑顔』を作ってみましょう~

人は見た目が大事

『人は見た目よりも中身が大切だ!』 とか
『人を見た目で判断しない!』 などと言ったりもしますが・・・

「コミュニケーションの法則」と言われている「アルバートメラビアンの法則」の法則によると、人と会話をしてその人の印象を決めるのは

  • ボディーランゲージが55%
  • 声の大きさやトーンが38%
  • 話の内容が7%

なのだということです。

これを踏まえると、
ボディーランゲージ = 視覚から入る情報 = 見た目

がその人の印象を大きく左右することになります。

また、いつも心の中が

嬉しい!
楽しい!!
ありがとう!!!

などのプラスの言葉をいつも口にしていると、明るい表情や明るい顔つきになります。
表情が豊かな人はたいてい笑顔も素敵です。

相手があなたを見て「優しそう」「神経質そうだな」と判断する基準は、あなたの見た目の『表情』に影響するのです。

素敵な笑顔を自然に出せる人は、見た目も良くなるのです。

『顔はコミュニケーションツール』ということを心にとめて、自分の顔に意識を向けてみると良いですね。

笑顔は誰にでもできるものですが、しばらく笑っていない人や、あまり笑顔が得意でない人には、ちょっとした練習が必要です。

一日たったの10秒、一ヶ月続けることで、人生最高の笑顔を作ることができますよ。

自分の4つの表情チェック!

自分の普段の表情を見ることはあまりないと思います。
例えば、人と会話しているとき、人の話を聞いているときなど、勿論自分の顔を見る機会はないと思いますが、どんな表情で話しているのでしょう?

まずは、携帯電話のカメラやデジカメを使って、以下4つのパターンの自分の顔・表情を撮影してみましょう!

①真顔
無表情・無意識で口は閉じる

②笑顔
目をにっこりさせ、口角を上げる
ちょっと不自然かな?と思うくらいでOK

③怒っている顔
眉間にしわを寄せる
口をへの字にはしない

④疑っている顔
眉間にしわを寄せ、目を細めて口を尖らせる

笑顔トレーニング

それでは早速 笑顔の練習をして表情筋を鍛え、コミュニケーションで活躍する魅力的な笑顔の練習をしていきましょう。
レッスンは10種類あります。1から順番に一日一つやり、10日経ったら、また1に戻り30日続けましょう。

一ヶ月後の表情の変化を見るのが楽しみですね。

顔が乾燥しているときは避け、クリームやオイルをつけて滑らかにしてからやるようにするのがお勧めです。

トレーニング1. 表情筋を鍛える (大頬骨筋リフトアップ)

口角を上げ、笑顔の最大のポイントとなる大頬骨筋が鍛えられ、豊かな笑顔と豊かな表情を作ることができます。また、マッサージ効果もあり、リフトアップすることで、若々しく見えるようになります。

①真顔になる
大げさに無表情な顔(真顔)を作り、10秒静止する。

②笑顔を作る
思いっきり口角を上げ4、不自然なほどの笑顔を作り、10秒静止する

③ ①、②を10回くり返す。

トレーニング2. 自然な笑顔を作る (咬筋のマッサージ)

あまり笑わない人や、ストレスが溜まることで、咬筋(噛むときに使う筋肉)が固くなり、ひきつった笑顔になりやすいです。
咬筋を柔らかくするマッサージです。
ストレスが溜まっている人は、咬筋が固くなっています。

①左右の咬筋に中指、薬指をあてる。

②ゆっくり円を描くように10秒間マッサージ

③反対方向にもゆっくり円を描くように10秒間マッサージ

④頬骨の下あたりのへこみ部分10秒間を押す

 

明日は、トレーニング3.~ 続きをお届けします。

 

如何でしたか?

ご自分の真顔の写真は、ちょっと気恥ずかしですね。
でも、1ヵ月後の変化が楽しみです♪

 

一緒に、魅力的な本物の自分らしい笑顔を作って、幸せまで作っちゃいましょう♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました