パソコンやスマホの使い過ぎでドライアイや眼精疲労は若年齢化

Beauty&Helth ケア
スポンサーリンク
障害Risa
Risa
こんにちは^^ ダイエットトレーナRisaです♪

ドライアイや目のトラブルになっていませんか?
体の疲れの原因が、意外にもドライアイに関連していることが多いのだそうです。
スマホやタブレット等を見る機会が増えることで、
ブルーライトの影響などから、若年齢化しつつある、眼精疲労やドライアイ。
思い当たる方は是非ご覧になり、早めの対策をお勧めします。

 

その疲れドライアイや眼精疲労が原因かも?!

スマホやタブレット、パソコンのLEDバックライトに使用されているブルーライトは
網膜への影響だけででなく、サーカディアンリズムと言って
昼・夜を認識する生体リズムに影響を与えます。

このブルーライトをたくさん浴びることで、サーカディアンリズムが乱れ
さまざまホルモンへ影響し、睡眠障害や自律神経障害、肥満にも繋がることがわかってきています。

スマホやタブレット、パソコンを夜遅くまで使用していると、交感神経が優位に働いてしまい
質の良い睡眠がとりにくくなり、疲れがとれにくくイライラの原因になったり、美容の面でも悪い影響を与えてしまいます。

美容に悪影響を及ぼすブルーライト

ブルーライトは、目に悪影響を及ぼすことは知られていますが、
実はお肌でも真皮の深部にまで到達してダメージを与えてしまいます。

太陽光にも含まれているブルーライトですが、光老化対策としても、ブルーライトはできるだけ浴びないようにするのが良いですね。

また、パソコンやテレビ、赤外線カメラ、コタツ等からは、ブルーライト以外にも
近赤外線も出ています。
ブルーライトや紫外線(UV-A・B・C)よりも更に肌の奥まで到達し、細胞内のミトコンドリアにダメージを与え、活性酸素によってシワやたるみを引き起こすこともわかってきました。

肌老化を予防する為にも、パソコン、スマホ、タブレット、テレビの使用は
『時間を決めて』が良いですね。

ドライアイチェック

ドライアイとは 乾く症状だと思われていますが、乾くことだけでなく実は様々な症状が表れます。

ドライアイの症状とは…

  • 痛い
  • 熱く感じる
  • 重たい
  • 涙が出やすい
  • かすむ
  • 充血
  • 疲れる

このような症状で眼科医を訪れる人の多くは、パソコンやスマホの使用によるドライアイなのだそうです。

ドライアイ改善方法

定期的に休憩をとる

スマホやパソコン使用1時間に一回10分程度の休憩を取る。

目を閉じて手を当てる(手で温める)等、目を休ませるのも良いですね

 

睡眠1時間前の使用はやめる

睡眠の1時間前にはスマホ、パソコン、テレビは終了しましょう

睡眠前にブルーライトを浴びることで、睡眠の質が落ち疲れが取れない原因になります。
イライラしたりホルモンのバランスが崩れ、精神面で不安定になる可能性があります。

 

ブルーライトカットを使用する

ブルーライトをカットしてくれるフィルムやメガネが販売させていますので
合わせて使用すると効果的です。

 

 

目を温める

目を温めることで目の周りの血行を良くし、疲れを取りやすくなります。

入浴の時にホットタオルや手で瞼を包むようにして温めるのがお勧めです。
ついでに顔全体も一緒にタオルで温めると、美肌に効果を発揮します!

ツボ押し&マッサージ

目の周りにはたくさんのツボが集まっています。

これらを刺激することで、血行を良くし目の周りのたるみやクマの対策にも◎

足裏刺激

足の裏には、体の各器官に対応する64ヵ所の ”反射区” があります。
それを刺激することで、対応するヶ所の働きが良くなるというもの。

目の反射区は、第2指と第3指の付け根

↑ここを揉んだり押したり、良く刺激すると、視界がすっきりはっきり
見やすくなりますよ

 

目に良い食べ物

①ルテイン
ほうれん草・かぼちゃ・人参 など

 

②アントシアニン
カシス・ブルーベリー・ビルベリー・マキベリー・プルーン

 

③DHA
マグロ・ぶり・鯖 など

視力改善、ドライアイ、疲れ目の予防に

 

④ビタミンA・βカロテン
にんじん・かぼちゃ・ほうれん草・うなぎ・春菊 など

夜盲症やドライアイの予防に

 

⑤ビタミンB1
大豆・きな粉・昆布・青のり・松の実・ゴマ・豚肉 など

目の周りの筋肉の疲労改善。
視神経の働きを活発にする。
近視の予防。

 

まとめ

如何でしたか?

ここ最近では、特にリモートワークの導入にもより
目の不調に悩まされていたり、眼科を訪れたりする方が増えています。

目が疲れているかな?

など、目の違和感を感じたら
早めにケアして体の不調に繋がらないように気を付けましょう~!

  • パソコンやスマホを使用中はこまめに休憩を取る
  • 就寝1時間前までには終わらせるようにする
  • ブルーライトカット対策する
  • 目を温める
  • 目の血行を良くするツボ押しやマッサージを取り入れる
  • 足もみで目の反射区を刺激する
  • 目に良い食べ物を積極的に取り入れる

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

*参考にさせていただいた、眼科医さんのサイトはこちら
https://hotrefre.com/tsukareme/

コメント

  1. hidechan より:

    こんにちは、様々な方法が書かれており、ツボ押しマッサージとか、まさにツボを押さえた記事になっていますね。参考になりました。

    • 小山 りさこ Risaきち より:

      hidechanさん、コメントありがとうございます。
      ツボ押し、続けることで緩やかに効果を発揮します!お仕事の合間などに是非やってみてください。

タイトルとURLをコピーしました