体を温める効果と食べもの、体を冷やす食べもの

Beauty&Helth ケア
スポンサーリンク

こんにちは^^
すっかり寒くなってきましたね・・・

 

今日はまた体温と関連のある話・・・

体を温めると良いとよく言いますね
これについて調べてみると、

体を温める = 体温を上げる = 免疫力がアップする

という情報がとても多いです

 

一昨日、全く逆の内容をブログにアップしましたが・・・^^;

*低体温は悪くない 低体温を気にしていませんか
https://bit.ly/2ThQSZK

 

実際はどうなのでしょうか???

 

6年ほど前のことですが
我が家で ぬか袋を作って体を温めていたことがあります

米ぬか・玄米・塩 を混ぜて、布袋に詰めたもので
レンジで温めてカイロ代わりに使うと
身体の内側まで温めてくれる効果があるというもの

当時4歳と2歳の子供達二人は取り合っていたので(笑)
慌てて追加で作ったのを覚えています

 

長男は使い始めて2Wくらいで、
0.4℃ ほど平熱が上がりました!

次男はその頃 目やにがよく出ていたのですが
その原因が『身体の冷え』からきていると聞いたのですが
このぬか袋で体を温めるようになって
目やにが減ったのです!!

ただ、平熱は測っていなかったのでわかりませんが・・・

 

この実体験と先日のブログの内容を踏まえて
私の勝手な持論なんですが・・・^^;

  • 体を温める  = 免疫力をアップする → 〇
  • 体を温める  = 体温を上げる    → △
  • 体温を上げる = 免疫力をアップする → ✖

かなぁ・・・と

体を温めると免疫力が上がることと
体温があがることはまた別のことのような・・・

わかりにくいけど(笑)

体を温める効果

体を温める効果はどのようなものがあるのでしょうか?

血液循環が良くなる

血液循環が良くなることは、
美容でも健康でもとても重要なことと考えています

血流にのって酸素や栄養素が体内のすみずみまで運ばれ、
不要な老廃物をスムーズに排出しやすくなります

代謝アップ

新陳代謝がアップします。
カロリーを効率良く消費できるので、
痩せやすく太りにくい体になります

生理痛の緩和

女性の下半身の冷えは、女性特有のトラブルの
元になることもありますね
生理痛の緩和などにも効果があります

美肌効果

顔の肌艶の良い方、肌の綺麗な方に共通しているのは
”顔肌の温度が高いこと”なのだそうです!!

以前、サーモグラフィーで実験しているのをTVで見ました^^

おまけに目やにが減る!
です(笑)

体を温める食べもの・冷やす食べもの

体を温める食べもの

体を温める野菜
  • 冬が旬の野菜
  • 地面の“下”にできる野菜
  • 黒い色、赤い色、オレンジ色の野菜

イメージは根菜類ですね
生姜は温めるイメージがありますが、
生は冷やし、火を通したものは温めます

体を温める果物
  • 寒い地域でとれる果物

りんご、ぶどう、さくらんぼ、いちじく、あんず、桃
など

体を温める調味料など
  • 塩気の強いもの

塩、味噌、醤油、黒砂糖、唐辛子、つくだ煮
など

体を温める魚

魚は全般的に体を温めるものが多いのです
特に寒い北の海で獲れる魚や赤身の魚は、
温めるは作用が強いようです

鮭、まぐろ、かつお、さば、いわし、さんま、かに、ほたて、海藻
など

体を温めるお肉

羊の肉(ラム)、鹿肉、牛肉、鶏肉、赤身肉
など

体を冷やす食べもの

体を冷やす野菜
  • 夏が旬の野菜
  • 地面の上にできる野菜
  • 白、青、緑色の野菜

レタス、キャベツ、トマト、ナス、きゅうり、ゴーヤ
など

体を冷やす果物
  • 暑い地域で摂れる果物

スイカ、みかん、レモン、メロン、梨、キウイ、
グレープフルーツ、バナナ、パイナップル、マンゴー
など

体を冷やす調味料など
  • すっぱい調味料

白砂糖、酢、マヨネーズ、ドレッシング、化学調味料
など

*夏に酢の物が美味しく感じるのは、
体が冷やすことを知っているからですね^^

体を冷やす魚

・体を冷やす魚というよりは、温めることも冷やすこともない
中間の食べ物というイメージです

うなぎ、はも、あさり、しじみ、うに
など

体を冷やすお肉

豚肉

全般的にお肉は体を温める作用がありますが
豚肉が冷やす傾向にあります

沖縄で料理に豚肉が広く使われていたり、
鹿児島では黒豚が有名ですね

 

体を冷やす生活習慣

ついついしてしまいがちな体を冷やしてしまう習慣・・・
もし冷えが気になっている人で、思い当たることがあれば、
見直してみるもの良いですね^^

運動不足

運動することは体を温め血流を増やすので
積極的に運動したいですねす

また筋肉量が多いことは体を温めるの作用があります

よく噛まないで食事をしている

よく噛むことはそれだけで体を温めるのに役立ちます

シャワーだけで入浴を済ませている

シャワーだけですと、表面鹿温められません
しっかりと湯船に浸かる習慣をつけましょう

 

補正下着などで体を締め付けている

ガードルや、きついブラジャーなどは
血流が悪くなり、体を冷やす原因に・・・

長くなりましたので、続きは明日

  • 体を温めるセルフケア
  • ここを温めよう!!6ヵ所と冷やす1ヶ所
  • 体を温めるお茶

について・・・

まとめ

  • 体を温めることは様々な効果がある
  • 温めるor冷やす 食べ物がある
  • 体を冷やす生活習慣に要注意

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました