免疫力をアップして風邪予防対策をしていきましょう

Beauty&Helth ケア
スポンサーリンク

こんにちは^^

心と体の改革トレーナー
Risaきちです^^

 

そろそろ風邪の季節が近づいてきましたね^^;

肌も乾燥を感じてきたし(汗)

 

中医学(東洋医学)の世界での”秋”は、
肺・大腸・鼻 と関連が深く、

咳き込んだり、便秘がちだったり、鼻水が出やすかったり・・・

逆に、大腸の調子を整えておくと
全体的に体調も良かったりします^^

そんな秋ももうすぐ終わり、
暦の上では11月からは冬に突入です!!

 

冬は、腎臓・膀胱・耳と関連が深い季節です

 

不摂生はまず腎臓に負担が掛かります・・・

忘年会などの暴飲暴食はほどほどに^^;

と、、、
自分に言い聞かせています(笑)

そして、秋にひいた風邪で鼻水が長引いてしまったら
中耳炎にも氣を付けたいですね・・・

 

特に子供は大人よりも中耳炎にかかりやすいので
氣をつけてあげたいですね

我が子の幼稚園に通っていたころのことですが

暫く鼻風邪をひいていました(^_^;)

そのうちに咳が出て・・・

私にも移って・・・^^;

 

風邪のひき始め対策は・・・

 

風邪をひいた時もですが、
体調が悪いときは

大人でも子供でも、

暖かい飲み物で水分を十分に摂り
食事はなるべく控える
ゆっくり休む

 

早めに対策すれば
これでたいていは治ってしまいますo(^-^)o

 

 

体調の悪いときこそ、栄養は不要です!

 

けれど、大人はひき始めの
たいしたことも無いような時には、
ゆっくりと休んでもいられないし

 

元気な子供に食事制限をするのは
ちょっと難しい・・・(;^_^A

そんな時子供には、身体が温まり
ボリュームのある汁物を飲ませるようにしています♪

大人も子供も喜ぶ 風邪対策レシピ

 

先ほども書きましたが、

風邪のひき始めや熱の出始めは
食事は控えめが良いですが

そうは言っても食欲があって
お腹が空くときにお勧めのレシピです!

固形物を採るより胃腸に負担が掛からないので
お勧めですよ☆

風邪対策・定番で効果ありのレシピ

①梅醤番茶

梅干しにアツアツの番茶を注ぐ

梅干しは塩だけで漬けたもの、
番茶は3年番茶

がお勧めですが、無ければ
市販品でも◎

②具なし味噌

 

具なしで濃い目のみそ汁が◎

 

①にも②にも

体冷えている時には生姜汁や

胃腸を保護するオリーブオイルを

入れるのも良いですね◎

 

 

早く治したい時の風邪対策レシピ

ベースのしいたけスープ

私が以前発熱してかなり辛かった時に
見事に効いたのがこのしいたけスープです

干ししいたけ 3~4枚 と水3カップを
中火にかけ20分~30分、

スープの分量が2/3~半量になったら
しいたけを取り出して、

お好みの醤油量をたして出来上がり◎

 

食欲がある時のしいたけスープアレンジ編

ベースのしいたけスープに

蓮根の摩り下ろしと生姜の摩り下ろし
人参、ごぼう、刻んだネギを入れてスープを作り

最後に揚げ餅を入れて出来あがり◎

 

生姜、ネギ、は身体をとても良く温めてくれますし
擦った蓮根は身体の調子を整えてくれますね♪

 

中医学ででの”陰陽”

 

中国で昔昔からある医学 = 中医学

この中医学では

身体が ”陰性” に傾いているのか?
それとも ”陽性” に傾いているのか?

によって、一言に”風邪” と言っても
どうケアするのかは違ってきます

”陰陽” について、”陰陽” の見分け方
についてはまたの機会に触れる事にしますが

 

うちの子供達が風邪をひくときは
たいてい ”陰性” に傾いているときのようです・・・

 

食べ物でケアするのも勿論ですが
長年多くの人に利用されてきた

足もみ、足湯、アロマオイルなども
手軽にケアできる方法としてお勧めです◎

 

子供が辛そうなときは、無理せず病院へも行きますが
鼻水、咳くらいは病院へいかずとも大丈夫な場合が殆どです

(中耳炎などの可能性がある場合は要注意ですが)

 

出るものは全て排毒=免疫力アップ

 

『鼻水はどんどん出してあげてください。
その間に身体が免疫力をUpさせているのですから』

と、以前薬剤師の先生もおっしゃっておりました^^

 

鼻水に限らず、下痢でも湿疹でも
身体から出ているものは全て排毒なので

やたらと止めてしまうのは
逆効果ということもありますし

せっかく自分の持っている免疫力を
落としてしまう可能性も・・・

 

O-157(病原性大腸菌)を知っているでしょうか?

かなり繁殖力も強く、
青酸カリの500倍と言われる毒素を出す菌で

大腸をただれさせ、血管壁を破壊するため血便や、
激しい腹痛の症状が出てしまいますが

免疫力によって
この菌をやっつけることができるのです!

ところが、知らずに下痢の症状を抑えようと
下剤を飲んで排毒を抑えてしまった場合

 

菌(毒)が体の中でより増殖し、全身を巡ってしまい

命を落とす原因となってしまうことも!!

 

実際にO-157に感染して亡くなった方の多くは

そうとは気が付かずに、
辛い症状を抑えるために下剤を飲んだ人

だということがわかっています

 

免疫力をアップさせる為にも
”薬に頼る” 前にできることをやってみましょう~🎶

 

風邪対策まとめ

風邪のひき始めなど、ちょっとした症状だけの時は

免疫力をアップさせる為に

食事を控えめにして、体も内臓も休ませる
スープなどで体を温め、水分も十分に摂る
睡眠をたっぷり取り、ゆっくりと休む
普段から自分(家族)の体調&体質を把握しておく

 

自宅でのケアは十分な注意も必要ですが・・・

薬に頼る前に、”我が家ケア”
を用意しておくと良いですね^^

 

因みに我が家は

足もみ、足湯、レイキヒーリング、アロマオイル、ホメオパシー
温熱療法(テルミー)、食事ケア

で大概は乗り切っています^^

 

 

本格的な冬が来る前に
睡眠を十分にとり体調を整えておくことも

風邪予防対策になりますね

皆様も、これからの季節お体に気をつけて
まだまだ楽しい行楽シーズンをお楽しみ下さいね☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました